2008年 08月 06日 ( 1 )

 

京都の午後

■本日のTRIBE

   ・オレンジブロッサム (オンザロックで)

■日曜日、友人I情報で知った写真展に行く。鹿児島にいらっしゃる、写真の師匠(と勝手にオレが言ってるだけだが)の作品が入選しており、それが全国を回っているのだ。関西では京都市美術館で展示された。

■視点、というテーマで組み写真、単体作品、が選ばれている。師匠は単体作品。モノクロで、ぼろぼろの、でも生活の香りがする家の前で、家族4人がすばらしい笑顔で笑っている。絶妙なコントラストなどテクニックはもちろんだが、何より笑顔がいい。Iは話を聞きたいと言っていたが、オレもぜひ聞きたい。

■あんまり特選とか入選は考えずに見て回ったのだが、後からチラシで確認したところ印象に残っている作品はだいたい入選作品だった。きっと選考委員も凄く良いのだろうな。

e0053718_1122560.jpg■搬出時間が迫っていたので慌てて行ったのだが、幸いそれなりにゆっくり観る時間があって良かった。写真展で満足したあと、夕方の京都を散歩。友人Bさんが知っていた、落ち着いた喫茶店で特性スフレを食べる。かなり本格的なスフレだったのだが、それと同じかそれよりも、店に入ったときの「おいでやす〜」に幸せを感じたのだった。京都すばらしい。その後川縁を散歩して帰ったのだが、河原でガンジーの絵を書いている外国人を見かけて写真を撮らせてもらった。上の写真。にてますよね。


■なにかスペシャルな何かがあったわけではないのだが、幸せな午後だった。いいな、京都。
[PR]

by birdog_dd | 2008-08-06 01:11 | photo life