2006年 09月 19日 ( 1 )

 

起立の強制

■個人的にも国旗掲揚・国歌斉唱の起立の義務化には反対だ。それに反対して処分を受ける教員も多くいる。でもそういう方たちに限って生徒からしたらありがたい存在なんじゃ無かろうか。

  参考

■上の参考サイトの一番下に、すごくかっこいいことが書いてある。こういう風に書かれると「江戸っ子ってかっこいいモンだね」と感じる。ちなみに石原都知事は全くかっこいいと感じない。何様のつもりだと思うだけである。

■処分された先生の”ひととなり”がどうなのかは、実際に会ったこともないし分からない。でも信念を貫く姿勢を、少なくとも学生時代に一番身近な大人が見せるのは大事な教育なのではないかとおもう。



■追記、9月23日。22日、東京地方裁判所は「国歌斉唱・国旗掲揚において起立の強制は違憲」との判決を下した。当然というかなんというか、都教委側は控訴だそうですが、一つの司法の意見が提示されたわけで。

■国歌や国旗は尊重すべきものですが強制はダメ、とそういう意味だと思う。判決文の要旨を読んだところそんな感じだった。俺としては「強制することが良くない」という問題だと思っている。しかしここで怖いのは「教育基本法に照らして」という文があること。これ自体が改正されたらこのような良識的な(と俺は思っている)判決はもう出なくなるのだろうか。教育基本法とは別問題だとは言うが、こういう判決文を見ると無関係とは言えないと思えてくる。

■都知事は「裁判官は現場を知るべし」と言っている。自分がいた学校はそこまで荒れていたイメージはないが、荒れた学校は「なんとかしたい、そのためには国歌斉唱などの統一行動を」と思う気持ちも分からないでもない。しかしそれでも、懲戒処分をすべきではないと俺は思う。
[PR]

by birdog_dd | 2006-09-19 17:08 | 熱かったり重かったりする話