「どんな髭剃りにも哲学がある」

■と、いうようなことを村上春樹という作家の方が言っていた。(正確には、どこかで読んで好きになったと言っていた。)なるほどと思う。

■周りの人がどう言うかはさておき、それが自分の根幹に関わることならば、その考えなり行動なりは哲学と言っていい気がする。俺も、まわりの人のそういう面を見て感銘を受けることがある。二つ、書いてみる。

■「誰も嫌わず、誰にも嫌われずに生きたい」。同い年の友人の言葉。人によって意見は色々あるだろうが、きっと幸せな人生の一つの形だと思う。難しいことだけれども。

■「Que sera sera」なるようになるさ。これも一つの真実だと思う。俺はどうもそう楽観的になりきれないけれど。だからこそ感銘を受けたのか。

■まぁ、言った本人がそこまで考えていたかどうかは分らないが、俺から観て、すごくその人間性に合った言葉だったモノだから印象深く覚えている。純粋に尊敬できる。

■俺は今は思いつかないなぁ。残念だが。でも、「これはリハーサルではない。あなたの人生なのだ」という、本の帯の言葉はズキッときた。その通りだ。あと、iPODの裏に刻印されている、「Don't miss the chance to Dance!!」という言葉。どちらも、行動を起こすのが遅くなりがちな自分への戒めとしている。

■みなさん、なにかそういうのあったら教えてください。酒の肴にしましょう。悪い意味じゃなくて。そういうときに飲むお酒って、本当に本当に美味しいから。
[PR]

by birdog_dd | 2008-07-04 00:13 | 熱かったり重かったりする話  

<< 新天地へ… hard ball >>