まだまだ続くよ 〜5月3日の出来事〜

■いつまでゴールデンウィークネタで引っ張るのか。まだまだいきますよ。しつこいとのご意見を励みにちまちま書いていきます。

■5月3日、帰郷する前に入っていたもう一つの予定、高校時代のラグビーの監督の退官パーティーへ行く。

■4月の上旬に友人から電話がかかってきて出席を伝えたのだが、その後全く音沙汰が無かった。当日の夕方になっても連絡がない。そしてこっちから連絡してもつながらない。焦ってほかの友人に連絡を取ったら、なんと6時から開始と言われた。電話をしたのが4時。急すぎる。

■しかもスーツ着用が望ましいとか言われる。そんなの長期休暇に持って帰ってきている訳ないじゃないか。仕方がないので、慌てて黒いジーンズに白シャツ、ジャケットをどうにか見つけ出して、会場に向かう途中でネクタイを買い、どうにかそれっぽくして到着したのだった。

■同級生がたくさん来るのだろうな、と期待していたら4人しか来ていなかった。まぁみんな忙しかったりするのかもなぁ。とはいえ、二十数年の教え子が少しずつ集まるものだから全員では60人近くになっていた。その代わり、ずいぶん印象の変わった先輩や、地元でプロのカメラマンをやっている先輩など、興味深い人達を見ることができた。みんないろいろやってるんだなぁ。

■で、肝心の監督は何やら知らないうちに県の高校選抜チームの監督をやっていたそうだ。知らなかった。なにげに凄い人だったのか。そして、酔っぱらった先生と酒を飲みながら話すのは、なんだか不思議な感慨とうれしさがあるのだった。こんな風になるとは学生時代は想像もしていなかったな。最近そういうのが多い。2次会まで行って解散したが、なかなか貴重な体験だった。恩師の退官パーティーって、よく考えたら結構珍しいことなんだろうな。ともあれ。先生、お疲れ様でした。あのチームでラグビーやれて楽しかったです。これからもお元気で人生を楽しまれてください。

■そういえば、パーティーの最中に、アメリカはカリフォルニア、サンディエゴ近くに在住のQちゃんから電話がきた。今日は別にベランダに追い出されたわけでは無いそうだ。良かったね。前回はベランダに追い出されたあげく、そのせいで風邪をこじらせて寝込んだらしい。可哀想すぎる。「一人でおかゆ作って食べるのってものすごく寂しいですよね」というコメントがいろいろと象徴しているようで笑った。いや、涙を誘ったのだった。
[PR]

by birdog_dd | 2008-05-03 01:30 | 平和な日々  

<< 後半先 安さに愕然とする >>