4月29日、後半

■4月29日、夜。前日に約束していた、東京都在住、会社員Yさん(研究室の友人)と、その彼女さん、後輩君と4人で飲む。

■彼女さんはこの春就職先の内定が出たそうだ。志望していた出版業界の、志望していた職種だそう。いや、就職状況が良いとはいえ、きっと狭き門だったろうに。凄いなぁ。おめでとうございます。残りの学生生活を思う存分楽しんでください。

■1軒目は、なかなか雰囲気の良いお店にいったのだが、そこではY君所望の鶏刺しはメニューに無いのだった。残念だったが、Y君はこの連休で食べれたのだろうか。キビナゴの一夜干し(?)のようなモノを食べれて、とりあえず満足。

■2軒目、Y君と大学院時代からちょくちょくお世話になっていたバーへ顔出しがてらのみに行く。マスター、変わってませんでした。相変わらずおつまみが美味しかったです。みなさんも鹿児島へ行かれたときはぜひ。そこでは後輩くんの恋の話や、自転車事故の話で盛り上がる。いや、自転車事故の話とか本当は笑っちゃいけないんだろうが、話し方が上手いもんだから久々に爆笑してしまった。あの語り方はもはや才能だと思う。それにしても楽しい飲み会だった。学生時代の友人は大切ですね。会社の友人とはまた違う貴重さ。ぜひまた飲みましょう。

■こうして、連休前から決まっていた予定の一つは終了し、残りはどうなることかと思いながら家路についたのだった。
[PR]

by birdog_dd | 2008-04-29 23:10 | 平和な日々  

<< 安さに愕然とする 4月29日、前半 >>