サボテンを枯らす

■部屋においていたサボテンが枯れた。

■3月に貰ったのだが、パッケージに「話しかけてあげると大きくなります」と可愛らしい文字で書いてあった。そのままプリンタの横に置きっぱなしだったのだが、今ふと見てみると茶色くなっている。サボテンってかなり過酷な環境でも生きているイメージがあったのだが、いつでもどこでも生き残るというわけにもいかないらしい。そりゃそうだ、生き物だもんな、もしそうなら今頃地球はサボテンの惑星だ。それにしてもサボテンを枯らしてしまうとは。少なからずショックだ。特に水をあげろとも書いていなかったからといって半年もあげないのは常識はずれなのか。それともあんまり話しかけてあげなかったのがいけなかったのか。

■今日も研究室に行く用があったのだが、その用というのは以前呼び出された内容と全く同じで、パソコンの使い方を教えろ、と言うもの。前回散々「俺も人に教えられるほど使えるわけじゃないですよ」といって、実際その勉強会もほとんど収穫の無いまま閉幕したのを覚えていないのか。なぜまた俺なのだ。ここ数日教授に呆れっぱなしだ。

■その後、Y君と博士課程の社会人のSさんは焼肉を食べに行ったらしいが、それは別にどうでもいいか。
[PR]

by birdog_dd | 2005-09-04 23:46 | 平和な日々  

<< 笑い泣きする 理屈ではない >>