写真好き、神戸好き

e0053718_125947.jpg■今日も快晴、日曜万歳。うちの会社は昨日は出勤だったので、今週末は休みが今日一日だけ。ようし、満喫してやるぞ。

■と、心に決めたはいいものの、例によって部屋でいろいろやっているうちに外に出かけるのは昼下がりになってしまった。

■そんなことは気にせずに、この間の帰省で実家から持ってきたNikon FG というマニュアルの一眼レフを鞄に入れて、心を躍らせながら、いざ神戸へ!。

■神戸、というか三ノ宮近辺をうろうろしたのだが、やっぱり神戸は楽しい街だ。そして三ノ宮駅前を道行く女性がみんなホントにおしゃれ。すごいところだ。ちなみに男性はまぁ普通だった。なぜだろう?でもおじさんはなんだかカッコいい。

■街の夜景を撮ったのだが、感度100のフィルムを入れてったのでかなり不安だった。しかし繁華街程度の明るさだったら60分の1くらいで撮れることに驚愕する。恐るべし、単焦点50ミリ。ちょっとマニアックな話ですが。

■駅の近くの喫茶店で読もうと「CAMERAmagazine」という雑誌を購入。最初は立ち読みしようと思ってたのだが、渡部さとるさんという写真家の方のコメントが載っているのを見つけて買ってしまった。実はちょっと前まで友人がこの方のワークショップに通っていたのだ。その友人の展覧会に顔を出したときにお目にかかったことがあって、プロのカメラマンさんと話す(というか会話というほどのものでもなかったけど)機会をもてたのが印象的だった。で、そんな縁から買って読んでみたのだが、そこに乗っているモノクロプリントに目からうろこが落ちた。今まで何も疑わずに、そのカットの中の最も明るい部分と暗い部分を引き出すようなプリントをしていたのだが、あえて全面を暗い仕上がりにすることで全く違うものになるのだな。

■こんどはプリントまでしたくなってきた。困ったものだ。

■と、こんな感じで休日を満喫したのだった。幸せ。
[PR]

by birdog_dd | 2007-08-20 01:25 | photo life  

<< 時間を間違える ラストサムライ >>