三日あわざれば

■先週はお盆だったこともあり、友人たちが地元に帰省してきていた。彼らとは久しぶりに会ったわけだが、とはいえ別に半年以上会ってないわけではない。ある友人は7月の頭に一度会ったのでほんの一月と少ししか経っていないのだが、気持ちとしてはかなり久しぶりと言う感じがした。まぁちょうど時期的に俺の生活の密度も濃かったからというのもあるのだろうが。

■この夏久しぶりに彼らに会って、ことごとく思ったのは、彼らが成長しているということ。詮無きこととわかってはいても、ついつい自分と比較してしまって考え込んでしまうことが多々あった。具体的にどこが、というと色々あるのだが、まず感じたことが「自慢話が少なくなった」ということ。別に自慢話が悪いわけでは全くないのだが、度を過ぎると聞いているほうが辟易するのはご存知のとおり。それに引き換え俺はというと別に全く凄くないこともなんとなく自慢げに話していたような気がして、小さい人間に見えてしまった。

■男子三日会わざれば刮目してみよ、と言う言葉があるが、確かに3日で驚くほど成長することもあるのだろう。人のことではなく俺も成長しなければいけないぞ。
[PR]

by birdog_dd | 2005-08-21 01:11 | 熱かったり重かったりする話  

<< 携帯の写真がすごい 場所をかえました >>