海を越えて

■親にパソコン教えたりするうちに時間は午後の4時。ちょっとPCショップへ寄って学校へ行こうと思ったのだが、突然電話が。Qちゃんだった。

■時差17時間。と言うことは向こうは夜中だったそうだ。ブログでは分からない日常のあれこれを話題にして楽しくしゃべる。楽しくしゃべるのは良いが、外でしゃべっていたら微妙に冷えてきてそわそわしながら電話していた。結局50分そこそこ喋って名残惜しいが電話を切った。

■太平洋を越えて喋ることと言ったら、写真部の後輩に彼女が出来ただとかQちゃんにちょっと良い感じの女の子が居るだとか、バスケの試合のハプニングとか、そんなんばっかりかい。まぁお互い健全な男の子ですもんね。

■健全な男の子のQちゃんは、俺にかける前に後輩の女の子にかけたそうなのだが、電話に出てくれなかったと言って寂しそうだった。って、そりゃいきなり知らない番号(しかも”1”から始まる怪しい番号)からかかってきたら女の子は普通とらないわな。今度番号を教えといてあげよう。

■気がついたら学校に着いたのは7時過ぎ。おかげでこの時間まで研究しているわけだが、気がついたらブログ書くのにだいぶ時間を浪費して研究してないな。だめじゃないか。
[PR]

by birdog_dd | 2007-01-19 01:36 | 平和でない日々  

<< 誰も知らない 気を取り直して >>