極寒のグラウンド

■今日はラグビーの試合、今期最終戦。相手は自衛隊。まぁちょっと敵わないだろうな、というイメージ。

■朝起きたら12時。待ち合わせは11時30分、明らかに遅刻。もう一日の始まりからして緊急事態だ。とりあえず親に送ってもらい、キックオフにはどうにか間に合う。とはいえ前半は待機、出場は後半から。それはいいのだが、試合前から大雨。さらに極寒。ウインドブレーカーを着ていたのだがガクガクと震えていた。後半、出場してからとりあえずタックルにいそしむのだが、さすがは自衛隊、簡単には止められない。押しに押されて後半終了間際、なんとアラレが降り出した。いくら劇的でもこんな演出はいらないよ。もう今回は寒さとの戦いもあって本当にしんどかった。

■夜は打ち上げ。今期は結局全敗だったわけだが、まぁそれでも打ち上げは面白いわけだ。大人数で楽しい飲み会をした後撤収。帰ってきた。うーん、ラグビーのせいか寒さのせいか、腕がずきずきと痛い。ともあれ充実した一日。きっとこのラグビーをやった日々を懐かしく思い出すのだろう。
[PR]

by birdog_dd | 2006-12-18 01:11 | 平和な日々  

<< 振り回される 朝から走る >>