生きた心地がしない

■自宅から車で5分程度のところに、ちょっと複雑な五叉路がある。そこで右折しようとしたところ、直進の車にクラクションを鳴らされあわててハンドルを切ったら、対向車線に入ってしまった。幸いそちらの信号は赤だったので対向車は止まっていたのだが、そのとまっている対向車のファミリーワゴンをすごい音を立てて擦ってしまった。やばい、と思ってブレーキを踏もうとしたらペダルがタオルのようなものを挟み込んでブレーキが踏めない。焦って焦ってサイドブレーキを引いてやっととまった。

■という夢を朝見ました。もう、本当に生きた心地がしなかったよ。夢でよかった。
[PR]

by birdog_dd | 2006-12-07 10:57 | 平和な日々  

<< おかえり 見慣れない電話番号 >>