懐かしき日々

■もうずいぶんと前の話になるが、CDがまだ簡単に買えないくらいの年齢のとき、好きな音楽を聴かせてくれるのはラジオだった。テレビでもいくつか番組があったが、せいぜい週に1回程度だったからやっぱりラジオの方がメインだった。まだ小さい頃なので自分のラジカセ(!)も持っていなくて、兄のものを借りてFMをきいたものだ。当然「早く寝なさい」という両親の小言と戦いつつ、だ。

■夜のラジオで大好きだった、『赤坂泰彦のミリオンナイツ』。このDJが大好きだった。軽妙なしゃべり口調、それでいて少し低めの落ち着く声色。たまに聞く真剣な声。未だに彼以上のDJは俺の中で現れない。俺の記憶が確かなら、その後は”やまだひさし”さんが継いだはずだ。(注:コメントで訂正しました)でも好きになれなかった。当時、赤坂さんの落ち着いた声色に慣れた俺には少し軽すぎた。最近ときどき夜中に彼の声を聞くが、今では結構好きになっている。進行もうまいし会話も上手だ。でもやはり赤坂さんを俺の中では超えられない。

ひとりごと赤坂泰彦

こういう記事を見つけたので、懐かしくなって書いてみた。ちょっとセンチですね。
[PR]

by birdog_dd | 2006-11-21 19:29 | 平和な日々  

<< 他人の評価 旅立つ人と 見送る人と >>