旅立つ人と 見送る人と

■現実に戻らねば、とか書いた割には研究が進んでいないというこの状況。

■で、何をやっていたかというとQちゃんとアルバムを作ったりQちゃんの送別会をしたり、学祭で崩した体調が戻らなかったりとしていたわけだ。

■Qちゃんとの合同制作アルバム、テーマは悩んだが「空」に決定。時間が無いので今まで撮り貯めたものからのチョイスとなった。二人とも空は好きらしく、それなりの枚数撮っていたので足りないということは無かった。気になった写真をチョイスして、プリントして、更にそこから厳選して編集。こういう編集作業は初めてなので非常に参考になった。俺としては初めて写真集にコメントを入れるという事を経験したが、これは楽しいかもしれない。都合3日間かけて完成。タイトルは「His works」。俺が5~6年、Qちゃんが4~5年、しめて約10年近くの空の写真が集まったわけだ。一人ではきっと作れない、非常に満足度の高い作品でした。

■彼の送別会も非常ににぎやかなものだった。人数も結構集まったし、短い間だったけど人気あったんだなぁ。結局3次会まであったのだが、体調も万全ではなかったので途中退席してしまうことに。最後、二人で写真を撮ったのだが、顔を向かい合わせて撮ろうとしたら笑ってしまい大変だった。でもきっと俺ららしい写真撮影だったのかもしれない。Qちゃん、きっと今からの4年間、それなりにしんどい事が待って居るんだろうけど、日常生活も写真撮影も日本だけでは体験できないような素晴らしい体験が出来ることでしょう。留学先でも幸せな生活を送れることを心の底から祈っています。

■で、体調の方。文化祭の最終日あたりから崩してしまい、いまだに引きずっている。そんな中、昨日の昼頃医学部5年生の部員から恐ろしいメールが。

「昨日から38~39度近くの発熱とともに、嘔吐・下痢症状が出ています。もしかしたら潜伏期間1週間程度の*****かと思われますが(なんとなく伏せ字にします)、もし似たような症状があったら、打ち上げで食べた鍋か鶏刺しが原因の食中毒の疑いがありますので教えてください」

■ぉぉぉぉおいっ!

発熱は無いものの、のどの痛みとともに下痢気味だった俺は度肝を抜かれた。急いで「とりあえず学校の保健管理センターにいったけど風邪薬もらったよ・・・」とメールを返したら、彼から

「あ、のどが痛いならきっとbirdogさんは風邪で大丈夫ですね。他の部員も特に無かったので、たぶん僕だけサルモネラだと思われます」

と返ってきた。ていうか「サルモネラ」とか日常会話で聞かないもんだからものすごい動揺してしまった。

■まぁ結局俺は風邪だったようで、そろそろ治りかけてます。そしてそろそろ学会のプレゼンテーションの準備も本当に時間が無くなりつつあります。
[PR]

by birdog_dd | 2006-11-20 22:11 | 平和でない日々  

<< 懐かしき日々 祭りの後 >>