ポールスミスの時計、美味しくないラテ

■土曜日、ラグビーの後ふらふらと繁華街へ。ピエトロでパスタを食べる。

■日曜日、朝からフリーマーケットへ。早いモン勝ちだよ、というアドバイスにしたがって10時ごろには会場に到着。全体としてはやはり女性モノの服が多い。あと赤ちゃん用品や食器など。ふらふらと見て回っているとジャケットを見つける。少し小さかったのだが丈が短めでいい感じ。ためしに値段を聞いてみたところ「300円ですよ」。即決でした。

e0053718_33105.jpg次に行った店では帽子の中に腕時計があるのを発見。何気なく見てみたところポールスミスじゃないか。3900円をちょっと勇気を出して3000円で頼んでみたところ、良いですよと即答されてこっちが驚く。もうこれだけで満足、フリマに来た甲斐があった。


■会場から帰る途中、氷屋さん(屋台ではない本職。氷室のことです)のカキ氷を食べる。ふわふわしたカキ氷、と誰かが表現していたのだが、納得。確かにこれは非常に美味しい。皆さん、ぜひ氷屋のカキ氷を食べてみてください。ダブルベリーなんて味は初めて食べたけどかなり感動した。

■帰る前にちょっと一杯、ということで繁華街に出来たスターバックスに立ち寄る。連れはスターバックラテを頼んだ。

のだが、これが全く美味しくない。ラテなのにエスプレッソの味が全くしない。あまりにひどいので店員さんに言って変えてもらう。店員さんは「すいません、駅のお店とはエスプレッソの機械がちがうんで…。」と言い訳しながら新しいラテを持ってきた。

のだが、2回目も全く美味しくない。先ほどに輪をかけてエスプレッソの味がしない。あまりに酷いので、店員さんに「飲んでみました?味が全くしませんよ。」とコメント。エスプレッソを追加しましょうかと言う店員さんに連れは結構です、捨ててくださいと言い放って店を出た。後ろに並んでたお客さんがびっくりしていた。

いや、だってもう、アレは酷いよ。ただのホットミルクじゃないか。よく今までクレームが付かなかったもんだ。

店を出たらちょうど店長さんと思しき人が出てきたので、一言言わせて貰う。するとその店長さん、「すいません、オープンから間もないし、訓練も十分には出来ていないんで…」とのたまった。これでもうアウト。この店長さんのコメントが一番罪が重い。

スタッフをかばったつもりなのかもしれないが、どちらも理由にならない。そもそも訓練が十分でない人間をスタッフとして扱い店に出しているなど論外だ。さらに客にとっては店にいるもの全てがスタッフであり、そこに社員・バイトの差や新人・ベテランの差など関係ないのだ。実際そうであっても、言うべきではなかったのだ。

インテリアショップと併設してあるおしゃれな店内なのだが、もうあの店には行かないだろう、よっぽどのことが無い限り。

■と、一日の最後にちょっと頭に血が上ってしまったが、総じて楽しい一日でした。フリマ、機会があったらまた行きたい。
[PR]

by birdog_dd | 2006-10-23 03:36 | 熱かったり重かったりする話  

<< サークル日和 渡れないそうだ >>