写真展は楽し大変

■写真展の忙しさにかまけて更新をサボっていた。

■4日、搬入作業。合同作品の準備が甘くてPちゃんが叱ったり色々あったのだが、そんなことはたいしたことでは無い。俺としては、個人作品を額に入れる際にガラスで作品に「ガリ」っと巨大な傷をつけてしみあったことのほうがよほど一大事だ。もう自分を恨みに恨んで、諦めて徹夜で作品を作り直した。

■5日、徹夜明けのせいで胃の調子がわるい。軽い朝飯を食べるつもりでカフェに入ったら、巨大なランチセットを出されて途方にくれる。メニューの絵と全然違うじゃないか。すごく美味しかったのだがそんな問題ではなかった。行く途中に雨に降られて臭くなって、それもそれで大変だった。なんとなく美術館のほかの展示も見て回る。すごく久しぶりだった。

■6日、教授が〆切を10日も早めやがったせいで(厳密には違うのだが、そうならそうと早く言っておけよ)、気持ちが焦って研究室へ。でも美術館に言った後なので、ほとんど帰った後だった。いろいろとやって帰ったのだが、あまり進んでないのは秘密だ。もう秘密とか言ってられないが。
[PR]

by birdog_dd | 2006-09-07 02:07 | 平和でない日々  

<< 週の後半 深い >>