ICO

■研究室の友人Y君に借りて、「ICO」というゲームをやっている。もともと興味はあったのだが手を出していなかった。そんなときに宮部みゆきの同タイトルの小説を読んで俄然やる気が出てきた。

■PS2になってから、映像の流麗さがインフレになっていた。そんな中、このゲームの映像は、「美しい」。流麗とかリアルとかそういうものではなく、絵画的な美しさ。さらに、イコの動きや音、ほとんどならないBGMなどがあいまって、とてつもない世界観と感情移入を生み出している。高いところを歩くドキドキが、ゲームを通して感じることが出来る。小説もゲームも、これは名作だ。

■謎解きとアクションを同時にやらないといけないし、謎解き自体けっこう難しい。こちらのサイトICO攻略コーナーを参考にすすめているのだが、これ本当に助かります。さらに、攻略の書き方が非常に上手い。雰囲気を壊さずに、正解に非常に近いヒントを与えるにとどめている。ありがたいなぁ。

■おかげでここ数日寝不足だ。
[PR]

by birdog_dd | 2006-06-25 05:40 | デジタルアイテム  

<< この人の手を離さない 祭典 >>