フィギュアスケート・エキシビジョン

■オリンピックも終盤。…だそうだ。開催期間を把握するほど気にしていたわけではなかったのだが、見ると楽しい、そんな今回のオリンピックだった。で、皆さんご存知のとおり荒川選手が金メダルを獲得されました。夜中まで起きていたのだが、直前で寝てしまい演技を見れず。悔しくて泣いていたのだが、夜にエキシビジョンとあわせてハイライトを放送するとの事で、今回はしっかり見ようとコーヒーやらを準備して椅子に陣取る。

■中継のキャスターが言っていたがチケットは一枚¥50000だそうだ。びっくりしたのだが、実際見てみると「確かにこれを生で見られるのならば法外に高いわけでもないかもしれない」と思う。それほどに心躍るショーだった。演出的なライティング、滑ることを楽しんでいるであろうことがありありと見える選手たちの表情。スケートなんてちゃんと見たことが無い俺がテレビ越しですらこれだけ引き込まれたのだ、実際見たらどれほど楽しいことか。

■そして、実況と解説の方々が良い。特に解説、落ち着いた声で過不足なくコメント。まぁ内容が多少繰り返しになるのは仕方が無いが、それはさておいても好感が持てた。
[PR]

by birdog_dd | 2006-02-25 00:12 | 平和な日々  

<< 「ふふふ」のシフォンケーキ 黙々と鍋をつつく男たち >>