急性咽頭炎

■突然熱を出す。起床して家を出るまでは「?」程度だったのだが、研究室についてからだるいだるい。しばらく居たものの、仕事ははかどらず。途中で友人の愚痴を聞くために食事に出かけたが、やっぱりしんどくて食欲もあまり無かった。帰り着いたらもう無理、そのままベッドへ。

■翌日病院へ行き、熱っぽい旨を伝えて診療を受ける。医者に、昨夜は何度あったの?と訊かれて「8度1分でした」と答えたら「それは『熱っぽい』じゃなくて熱だから!」と怒られた。結局風邪ではなく急性咽頭炎であることが判明。市販の風邪薬を飲んだことを伝えたら、先生が「これは風邪薬は効かないねぇ」とちょっと嬉しそうに言ったのに笑いそうになった。
[PR]

by birdog_dd | 2006-02-24 23:47 | 平和でない日々  

<< 黙々と鍋をつつく男たち やめられない とまらない >>