「一人で何役もこなそうとしたってダメ」

■土曜日は朝早くからスーツを着込んで、4時間もバスに揺られながら学会へ。学会の会場の大学はかなり広大でした。ついてからも、腹痛を起こしたりといろいろありましたが、発表のほうは終了。とはいえ万事つつがなく言ったわけではなく、質問には見当違いの答えを返して、発表の後で助教授にレクチャーされていた。ともあれとりあえずの大イベントはクリア。肩の荷が下りた。学会が終わったあと友人Tと会う。前日の夜にいきなりメールをしたのだが、快く時間を空けてくれた。しかしT、ここに先日「無理かもしれない、だって俺だったら無理だもの」と書いた文を読んで、「ブログを先に読んでたらもっともったいぶったのに」といいながら少し悔しそうだった。いやいや、そういわずに遊んでくださいよ。そりゃ散々おごらせてますが。

■研究室の友人Y君と、Tと3人で会ったのだが、Y君が志望している業界にTは勤めているので、Y君は食事をしながら仕事の話をしてもらっていた。それを見ながら俺もOB訪問したほうがいいのかもしれないなと思う。きっと働いている人にしかわからないことはすごくたくさんあるはずだ。

■Tに、最近のY君と俺の悩み事である、「オチがつけられない」ということを相談したら、「大丈夫、俺は起承転結で言うと『承』だから。一人で何役もこなそうとしたってだめ。そういうのは『結』の役目の人に任せておけばいいのだ」と言われて目からうろこが落ちる。そうか、俺もきっと『承』の人間なんだな。話を膨らませるのが役目なんだ。

■それはそれで難しい。

■帰りのバスの中で「サトラレ」の映画を見たのだが、とんでもなく感動しました。学会の記憶よりも全然インパクトが強い。結局、土曜日は何をした日かといえば、Tと会ってサトラレを観た日だった、という風に今後思い出すのだろう。邦画ですが、ぜひ一度ご覧ください。泣けること請け合い。

■そしてこの日記も大体の場合において落ちが無い。一人で書いている場合、話を膨らませるだけではどうしようもないので途方にくれるのだ。ときどき。
[PR]

by birdog_dd | 2005-12-05 01:21 | 平和な日々  

<< 起きてすぐに呼び出し つはものどもが夢のあと >>