足りないものを痛感させられる

■学祭初日。なのにまだ準備が完了していなかったと気づく。というか完了していないと教えられた。今年が初めてだったのでよく分からなかったのだが去年やその前を知っているベテランが昨日いなかったのがまずかったか。

■午後から開場したのに250人ほどの来場者だった。あまりの盛況っぷりに驚く。ここだけの話、もっと閑散としたものを想像していた。と、写真部の人に言った。それにしても、前回もそうだったのだが今回他の人の作品にへこまされた。いや、へこまされたという表現は適当ではないかもしれないが、何人かの意欲的な作品や美しい作品を観て自分に足りないものを思い知らされた感じ。しかし一番足りないのはシャッターを切った回数かもしれない。ちなみに印象に残った作品で俺のを挙げていただいた方は二人。2/250。こういうものは大多数に受ければ良いというものでもないとは思うが、ひとつの指針にはなるはずだ。そうか、二人か。そして大多数の支持を受けた作品は俺が見てもグッとくるのだった。

■今回痛感したのが、プリントの差。日程の都合上いつも頼んでいるところとは違うところに頼んだのだが、その場にいてモニタを見ながら指示を出したにもかかわらず、出来上がりは満足いくものではなかった。師匠の「作品を作りたいなら信頼できるところに頼め」という言葉が身にしみる。

■今から1年かけてがんばって撮り溜めて、来年はアルバムかパネルを作りたい。そして白黒にも挑戦だ。

■Y君と食べ歩き。Y君、今日実験なのに夕べ飲みすぎてひどい二日酔いだったらしい。お勧めの鯛めしとうどんとそばとカレーを食べたかったのだが、諸々の事情により鯛めしのみしか食べられなかった。残念。

■例によって夜は飲みだったが、昨日は3っつほど転々としていた。とはいえ今日試合なので抑えてだったが。

■では今からラグビーの試合に行ってまいります。はぁ、今日の相手のスクラム、本気でイヤ。
[PR]

by birdog_dd | 2005-11-13 08:43 | 平和な日々  

<< タックルばっかり 学祭突入 >>