怒鳴り散らすのはスマートではない

■近くのちょっと大きなお店でマスキングテープというものを購入した。美術をやっている人や塗装を手がけたことのある人なら分かると思うが、余計な部分に色がついてしまわないように保護するテープ。保護するためのものなので、終わったあとキレイに剥がせなければならないものなのだが今回のりが残ってしまっていた。あんまり腹が立ったのでお店にクレームの電話を掛ける予定。

■クレームの電話の場合、まぁ怒りの気持ちに任せて怒鳴り散らすというのも、気が晴れるという意味においては有意義な行動なのかもしれないがそれだけで、お互い不快感を抱えて終わるだけだ。というわけで、今回は丁寧に、冷静に、クレームの電話を入れます。クレームの内容を伝えるという点からも、問題解決への道を一緒に探すという点からもこちらの方が効果的。また、クレームを入れるときは6割の褒め言葉をちりばめておくと、なお一層効果的。あと、静かに怒ってるほうが怖いことがある、というのもあったりなかったり。
[PR]

by birdog_dd | 2005-10-26 06:35 | 平和な日々  

<< 忙しいときを見計らって仕事がや... 人間だもの >>