火を噴いた

■今親用のパソコンを作っているのだが、その後のことやらいろいろ考えて、フロッピーディスクとカードリーダーが一体になったものを購入した。ところがマザーボードは何年も前のため、内部ポートが無い。仕方がないのでUSB拡張カードを買ってきたつないでみたのだが、いまいち認識してくれない。説明書どおりの接続ではだめなようなので方向を変えてみたりしたところ、なんと基板上の素子が「バシッ」という音を出して火を噴いた。いろいろと自作めいたことをやってはいるが、焼損をしてしまったのは初めて。高電圧機器を生半可な気持ちでいじることの危うさを思い出した。

■不幸中の幸いは全壊したわけではなく外側USB端子は生き残っていたことか。あと1000円強の値段だったことだな。
[PR]

by birdog_dd | 2005-10-17 01:24 | 平和な日々  

<< 頼りにならない ボンド募集 >>